【ウミガメの島】レビュー~学童クラブに人気のオススメ子どものボードゲーム

世の中にはいろんなスゴロクゲームがあるけれど、こちらは秀逸。

簡単に一言で言うと、一周したら得点が入る系のスゴロク

たくさん周回して点を稼いだ人の勝ちだけど奥が深い。

運と計算のバランスが素晴らしい。

学童クラブでも、面白さが分った子どもたちがよくやってます。

大人として一緒にやりながら見てると、

計算があるから一年生でも2倍とかの算数概念を、何度も遊びのなかで教えていくと、自然に理解できてきます。

ウミガメの島はメビウスゲームが出しています。
元は1974年にラベンズバーガー社(ドイツ)が出したゲーム「冷たい料理の熱い戦い ( Die heisse Schlacht am kalten Buffet)」のリメイクです。

ウミガメの島
当サイトについて

はじめましてジャムと言います。

もともと私は東京大学の大学院で
理系の研究
をしていたのですが、
子ども達との出会いにより、
全く畑違いの保育業界へ転身を決意。

以来20年以上
主に学童クラブで小学生と関わり、
様々なことを学んできました。

そこで得たものを使い、
保育士はじめ保護者の方々、
子どもに関わる大人の

  • 疑問
  • 不安
  • 分からない

を解決することでアナタが幸せになり
子どもに良いものが帰ることを願い
このブログを運営しています。

現在は今までの経験を元に、
主に講演・執筆活動を行っています。

家では2人の子どもを育ててますが
とっても安定してますよ(笑)

ツイッターやってます(@jamgakudo)

インスタグラム(@jamgakudo)

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

目次【本記事の内容】

ウミガメの島 Mahe (ボードゲーム カードゲーム)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事