【ウミガメの島】レビュー~学童クラブに人気のオススメ子どものボードゲーム

「ウミガメの島」は秀逸な周回型スゴロク。

学童クラブで一緒にやりながら見てると、計算があるから一年生でも2倍・3倍などの算数概念を、遊びで繰り返すうちに自然に理解します。

ウミガメの島はメビウスゲームから出ていて、元は1974年にラベンズバーガー社(ドイツ)が出したゲーム「冷たい料理の熱い戦い ( Die heisse Schlacht am kalten Buffet)」のリメイクです。

ウミガメの島
当サイトについて

はじめましてジャムと言います。

もともと私は東京大学の大学院で
理系の研究
をしていたのですが、
子ども達との出会いにより、
全く畑違いの保育業界へ転身を決意。

以来20年以上
主に学童クラブで小学生と関わり、
様々なことを学んできました。

そこで得たものを使い、
保育士はじめ保護者の方々、
子どもに関わる大人の

  • 疑問
  • 不安
  • 分からない

を解決することでアナタが幸せになり
子どもに良いものが帰ることを願い
このブログを運営しています。

現在は今までの経験を元に、
主に講演・執筆活動を行っています。

家では2人の子どもを育ててますが
とっても安定してますよ(笑)

ツイッターやってます(@jamgakudo)

インスタグラム(@jamgakudo)

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール
ウミガメの島 Mahe (ボードゲーム カードゲーム)

1.「ウミガメの島」の基本情報

「ウミガメの島」を簡単に一言で言うと、一周したら得点が入る系のスゴロク

運か悪いと頻繁にスタートに戻されるので、得点が入る・入らないは運と戦略が必要です。

おんぶルールが他のプレーヤーとの駆け引きを楽しくします。

ウミガメの島 Mahe (ボードゲーム カードゲーム)
ジャンルスゴロクゲーム
人数2人~7人
定価(参考)2800円
プレイ時間20分くらい
対象年齢だいたい6歳~
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

他のボードゲームはこちら(記事リンク)

小学生おもちゃはこちら(記事リンク)

2.【ウミガメの島】の基本ルール・遊び方

「ウミガメの島」の基本のルール

一周21マスのコースを、サイコロを振って回るゲームで、一周したら得点が入ります。

1個ずつサイコロを振って、

✔1個➞ 出た目進める

✔2個➞ 出目の2倍進める

✔3個➞ 出目の3倍進める

✔ただし、合計の目が8を超えたらスタートに戻る。

出目を見て、1個で止める・2個降って止める・3個目を降る、自分で決められます。

3個目を振って7が出たら一度で一周できるけど、うまくいくかどうか・・

運と計算が絡むゲームです。

準備

ウミガメの島の準備

●スタートはイカダです。

●カードをシャッフルして裏返して真ん中に置きます。

●一番上のカードだけ表にしておきます。

●サイコロをふる順番を決めよう。

ウミガメの島

ボードの裏表で、昼と夜だけどデザインが違うだけでルールは同じなので、好みで決めよう。

ウミガメの島で得点を得るには

サイコロを振って島を一周すると、カードをもらえます。

(ウミガメが一周すると、タマゴを生む設定)

カードには何個のタマゴ(1~6)を生んだか描いてあります。

(本来のルールはカードを表にしておきます。ですが、個人的には運要素が高まる裏にしておくのが、子どもがやるときにはオススメ。)

カードがなくなったら盤面に7個のタマゴが描いてあるものを、最後に一周したプレーヤーが擬似的に取っておしまい。

そして合計タマゴの多い人の勝ち。

カメが7匹あるので、7人までプレイできますが、やったことはありません。

後でお話する「おんぶ」が頻繁に出てくるので楽しそう。

ウミガメの島

サイコロの振り方

絶対ルール
サイコロは1個ずつ振って、3個まで振れるけど、合計が8を越えたらスタートのイカダ行き。

ウミガメの島 8を越えたらスタートに戻る

①まず一個サイコロを振る。

絶対ルールは8だから、一個振った時に越えることはない。

一個降振っておしまいなら、その数だけカメを進めて次の人。

ウミガメの島サイコロ一つふる

1個振ったけど、出目が1や2なら2個目のサイコロを振っても8を越えない確率大。

2個目のサイコロを振って7までなら、出目の2倍進めます。

ウミガメの島 サイコロ2つ

さらに3つ目のサイコロを降るかどうか?

迷うポイント・・と言うのも、3つ目を振って合計が8を超えなかったらまでなら出目の3倍進めるから!!

ウミガメの島は一周21だから7×3=21、ちょうど一周できます。

ウミガメの島 サイコロ三つ

おんぶのルール

カメは道中に違うカメと同じマスに入ると、後から来た亀がおんぶしてもらいます。

一番上のカメが超恩恵アリ。

  • タマゴを取れる
  • 下のカメの番で、サイコロをいくつ振るかは上のカメが決める

👆下のカメは単なる運び屋に。

何匹も重なってるときは、自分より上のカメを連れていき、下のカメは置いていきます。

下の亀は自分の番で一周しても上の亀にタマゴを取られるので、ワザと8を超えたほうがいいけれど、そこも運が絡みます。

ジャム
振る・振らないは上の亀が決めるから・・
ウミガメの島 おんぶ
ウミガメの島 おんぶ
おんぶし過ぎ・・

ウミガメの島プレイ動画紹介

短くまとまったいい動画があったので紹介します👇️

ウミガメの島 Mahe (ボードゲーム カードゲーム)

3.ウミガメの島について素材感、口コミ/感想

材質

盤面は四つ折りのしっかりしている紙製。

学童クラブなど子ども施設だと、透明テープを折れ曲がる部分に貼って補強すると長持ちします。

サイコロとコマは手触りの良い木製。

サイコロは無くなっても代用できるけど、コマは「おんぶ」できるようにぴったりめ作られていて、他の何かでは代用無理ねのでご注意を。

遊び感

普通のスゴロクより2倍・3倍の計算があるからかけ算とか足し算を自然に学べます。

ゲームとしては一発逆転を狙って、見えている得点の多いタマゴを取るか?

二人だとちょっと寂しいけれど、4人以上などの大人数でプレイすると、頻繁におんぶが出てくるから気が抜けない。

どうやって他のカメを出し抜いて、見えてる高得点タマゴを取るか、

1とか低得点のカードは無理せずに、他に取らせて次のタマゴカードを狙うか。

(カードが表にするルールの時)

本来のルールはカードを表にしておきます。

ですが、個人的には運要素が高まる裏にしておくのが、子どもがやるときにはオススメ。

頑張って運にかけて、カードをめくったら「1個かよ」と盛り上がれるから。

おんぶされてるときに一周しても意味ないから、上の亀を道連れにするため8を越えるように願ったり。

6だけが出なければいいときに6が出て、見込みが狂ったりします。

戦略をたてつつ、それ通りに行かない運要素がいい感じです。

カード枚数もいい感じだけど、2人だと飽きてくるから、減らしてもいいと思います。

大人数でやるのが楽しいボードゲームですよ。

ウミガメの島

ウミガメの島 アマゾン
アマゾンでも高評価

2022年5月2日に日本でレビュー★4

セットアップも簡単で、サイコロを振るだけなのにとても盛り上がれます!
友人と4人でプレイしたのですが、まさかこんなに楽しめるとは思いませんでした。大人数でプレイするとさらに盛り上がると思います!

アマゾンレビュー

2022年4月19日に日本でレビュー★5

5歳の孫にも分かりやすく ゲーム本体も丁寧に作られていいます。難しいルールより単純でいいです。

早ければいいと言うわけでもないのでいいです。

アマゾンレビュー
ウミガメの島 Mahe (ボードゲーム カードゲーム)

他のボードゲームはこちら(記事リンク)

その他の小学生おもちゃはこちら(記事リンク)

目次へ

クローバーとてんとう虫

学童クラブ支援員や保育士など、保育者の方向けプレゼント配布中↓

プレゼント
姉妹サイトへ飛びます

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️


見やすい記事一覧です


👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

👉全国各地の学童ブログまとめ👈

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事