↓関連検索はこちら↓

【ウミガメの島】レビュー~学童クラブに人気のオススメ子どものボードゲーム

世の中にはいろんなスゴロクゲームがあるけれど、
こちらは秀逸。

簡単に一言で言うと
一周したら得点が入る系のスゴロク

たくさん周回して点を稼いだ人の勝ち。
だけど奥が深い。

運と計算のバランスが素晴らしい。

学童クラブでも、
面白さが分った子どもたちがよくやってます。

大人として一緒にやりながら見てると、

計算があるから一年生でも2倍とかの算数概念を、何度も遊びのなかで教えていくと、自然に理解できてきます。

ウミガメの島はメビウスゲームが出しています。
元は1974年にラベンズバーガー社(ドイツ)が出したゲーム「冷たい料理の熱い戦い ( Die heisse Schlacht am kalten Buffet)」のリメイクです。

ウミガメの島
当サイトについて

このサイトでは管理者のジャムが、

主に学童クラブや児童館で"20年以上"
主に小学生に関わってきた経験を元に、

子どもに関わる大人へ役立つ情報を発信。

子どもと親が幸せになればいいなという思いをもって運営をしています

ジャムのプロフィールはこちら

ジャム
プロフィール

目次【本記事の内容】

ウミガメの島 Mahe (ボードゲーム カードゲーム)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事