1.横浜市の学童クラブ事業についてや利用状況/待機児童

1-1.横浜市の放課後の施設の説明

横浜市の学童クラブは市内一律で

  • 放課後キッズクラブ
  • 放課後児童クラブ

として運営されています。

放課後キッズクラブ

小学校の中に設置され、
自由に遊んだりして過ごす子と、学童クラブの子が一緒に混ざって過ごす一体型と呼ばれるもの。

区分1が自由に遊ぶ子どもで5時まで。
区分2が就労してる保護者が登録した子で7時まで。

学童

放課後児童クラブ

一般的に学童クラブと呼ばれているもので、
横浜市では学校外の施設で子どもを預かります。

民間の父母会などの団体や株式会社などが
建設したり、賃貸した施設に対して、
横浜市が補助金を出して運営されています。

時間や料金はまちまちです。

市内の各区のページでいくつか比較紹介しています。

☑️横浜市の学童クラブ概要~キッズクラブと放課後児童クラブのちがいなど

各区の放課後児童クラブ・民間学童など👇️

青葉区港北区神奈川区
旭区戸塚区鶴見区
南区緑区金沢区
保土ヶ谷区都筑区磯子区

特別支援学校はまっこふれあいスクール


障害を持つ子の学校の学校内学童とも言えるものです。4章で施設を紹介

設置している特別支援学校の子どもが
放課後(9:00)~17:00まで過ごせます。

以前の小学校にあったはまっこふれあいスクールは、ほとんど放課後キッズクラブに統合されて、
残っている所もキッズクラブへ移行してます。

おもな違いは時間が変わったことと、
区内で運営様式が統一されたことです。

横浜市ホームページ 特別支援学校はまっこふれあいスクール

カードゲーム

1-2.利用状況や待機児童

横浜市では学童クラブの待機児童がいません。

統計上の数値として出てないのですが、
全児童対策のキッズクラブの登録をもって
待機0としてるかどうかは不明です。

神奈川県の統計情報が出ています。

神奈川県放課後児童健全育成事業実施状況調査(令和元年5月1日現在神奈川県分(PDF:91KB)

神奈川県学童クラブ状況

2.放課後キッズクラブの説明や費用・利用時間

放課後キッズクラブとは、

主に小学校の中に設置され、
自由に遊んだりして過ごす子と、

学童クラブの子が一緒に混ざって過ごす一体型と呼ばれるもの。

  • 全児童を受け入れる放課後子ども教室(区分1)
  • 定員ありの学童クラブ(区分2)
遊び

市から委託を受けた民間事業者が運営に当たっています。

時間や区分1は定員なし、区内2ではおやつが出るなどの、概略だけは統一されてますが、

運営している事業者によって、行われているプログラムは違います。

監査も定期的に入り、問題のある施設には指導もされますが、

職員の雇用期間や経験値、人数などは運営者に任されているため、差が大きなところと言えます。

例としての動画を見つけたので紹介

放課後子ども教室の記事

区分1

  • 基本的に在校生1年生~6年生
  • 月曜日~土曜日
  • 830(放課後)~17:00
  • 急な利用は800円/1回

区分2

  • 定員あり
  • 基本的に在校生1年生~6年生
  • 月曜日~土曜日
  • 830(放課後)~19:00まで
  • 保護者の就労などの要件あり
  • 月額5000円
  • 生活保護世帯は半額

ほとんどの申請書類がホームページからダウンロードできます。

横浜市ホームページ内 放課後キッズクラブ

お弁当

3.放課後児童クラブの費用や時間

学校外の施設で、保護者が働いているなどの条件で入会した子だけが利用できます。

父母会などの民間団体が作った施設で、市が補助金を出して運営されいます。


単立(1つの学童クラブしかやってない)学童クラブも数多くあります。

資金的な面では、補助金+保護者から徴収する利用料で運営されています。

運営団体の自前の建物なので維持費も当然かかります。

それを加味すると補助金の割合が低いのか、
ほとんどのクラブで入会金の徴収があったり、
月額利用料は他の自治体よりも
高めに設定されています。

放課後児童クラブの国の整備目標の妥当性 - 日本総研(PDF)

その代わりに独自に行われているイベントや
日常の活動を充実させる方向で運営に当たっているクラブが多くあります。

放課後児童クラブ利用

  • 定員あり
  • 学区指定なし1年生~6年生
  • 月曜日~土曜日(施設による)
  • 830(放課後)~19:00(クラブによる)
  • 保護者の就労などの要件あり

費用の目安

  • 入会金15000円くらい
  • 月謝20000円くらい
  • その他おやつ代など諸経費
オセロ遊び

4.特別支援はまっこふれあいスクール

障害を持つ子の学校の学校内学童とも言えるものです。

いろんな子のふれあいを理念としていますが、
実際は原則支援学校内の子のみの参加です。

他の地域では特別支援学校の子どもたちは
放課後デイサービスや、学童クラブの少数ある受け入れ枠が居場所となります。


横浜市は珍しい取り組みと言えますが、
まだ5つの特別支援学校でのみ実施となっています。

  • 月~土曜日
  • 9:00(放課後)~17:00
盲特別支援学校
はまっ子ふれあいスク―ル
神奈川区
松見町1-26
港南台ひの特別支援学校
はまっ子ふれあいスク―ル
港南区港南台
5-3-2
ろう特別支援学校
はまっ子ふれあいスク―ル
保土ケ谷区
常盤台81-1
神奈川県立金沢養護学校
はまっ子ふれあいスク―ル
金沢区
富岡東
2-6-1
本郷特別支援学校
はまっ子ふれあいスク―ル
栄区小菅ケ谷
3-37-12
横浜市のホームページより

目次へ

☑️横浜市の学童クラブ概要~キッズクラブと放課後児童クラブのちがいなど

各区の放課後児童クラブ・民間学童など👇️

青葉区港北区神奈川区
旭区戸塚区鶴見区
南区緑区金沢区
保土ヶ谷区都筑区磯子区
クローバーとてんとう虫

学童クラブ支援員や保育士など、保育者の方向けプレゼント配布中↓

プレゼント

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️


見やすい記事一覧です


👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事