1.学童クラブ、放課後子ども教室とは

 学童クラブ事業とは、児童福祉法第6条の3第2項の規定に基づき、保護者が労働等により昼間家庭にいない都内小学校に就学している児童に対し、授業の終了後等に児童館等を利用して適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図る事業です。

東京都保健福祉局

厚生労働省が関わっている公立学童クラブ(上の引用通りの、国の児童健全育成事業の学童クラブ)

助成なしの独自で行われている民間学童クラブ(広く、子どもの預かりサービス)

では大きく違います。その分かりやすい一番の違いは費用。

まあ公立に行きながら習い事に行く、みたいな場合は料金的には変わらないんですけどね。

詳しくはこちら👇

学童クラブは公設か民間-費用は違っても実は同じ!?

ちなみに東京23区、公立学童クラブの利用料は"超安い"部類に入ります。

具体的には東京23区だと、公立学童クラブ利用料は平均5000円入会金なし。

一方で例えば横浜市とか15000円+入会金+管理費+おやつ代みたい感じ。

知ると違いにびっくりしますよ。

手洗い

放課後子ども教室も、放課後の子どもの居場所という点は同じです。こちらは、主に学校内に設けられています。

まあ最近整備され始めた、という割には10年くらいたってるんだけど全然ダメの途上感。

学校のない日はなかったり、見てくれる大人はボランティア程度、地域差が大きい事業です。

ちゃんと放課後子ども教室が整備されている地域なら、子どもの自立度によって居場所の選択肢の1つとなるのですが。。

これからに期待しましょう。

学童クラブと放課後子ども教室との違いの記事

このサイト全体で、「学童クラブ」というのは、厚生労働省管轄の「放課後児童健全育成事業」にあたるもののうち、公的なものを指し、放課後児童クラブとも呼ばれます。

①役所が設置して運営している

②役所が設置したものを民間事業者が運営している

③民間事業者が作ったものに、役所が補助金を出して運営されている(民設民営)

※③については幅広く一概に扱えない

一方で月額5万も6万もする塾や習い事の子ども預かりで、税金が一切使われていない施設については民間学童クラブと呼ぶことにします。

(記事によっては民間学童クラブの中に民設民営学童クラブも入れたりしてます)

詳しくはこちらの記事の1章で分類を解説

2.品川区の公立学童クラブ~すまいるスクール一体型B登録と延長利用のC登録

品川区はすまいるスクールと言って、放課後子ども教室学童クラブが一体的に運営されています。

どういうことかって、

  • 親の仕事の条件とかナシに遊べるA登録
  • 学童クラブの子ども(B登録C登録)

放課後の学校内の特定の場所で、全ての分類の子が基本的に混ざって過ごす。

プログラムへの参加もでき、自由遊びや勉強会(500円)も利用ができます。

子ども
学校終わったら遊ぼ
子ども
じゃ、すまいるスクールで
待ち合わせね

公立学童クラブにあたるのは、

✔すまいるスクールB登録は時間延長無し〜6年生

✔すまいるスクールC登録は延長あり〜3年生

入会に保護者の仕事の条件があったり、月額利用料がかかるけどおやつも出る。

品川区内には、37室程度のすまいるスクールがありますね。

BC
入会
条件
ほぼ
なし
ありあり
〜3年
月額
料金
250円3250円4250円
時間17:0018:0019:00
おやつなし
定員なしなしなし
すまいるスクール分類の違い

また品川区の学童クラブ(すまいるB登録)は定員なしの全数受け入れだから待機児童0!!

全数受け入れの形態には待機児童0はメリットですが、施設によっては職員に対して子どもの人数が多すぎて目が行き届かなくなる危険がデメリットとしてあります。

だから全数受け入れの品川区では、従来の学童クラブのような細かい介入や育成は期待できないかもしれません。

らくだ
施設によるわね

運営元では正規職員を雇用して運営に当たってるけど、気がかりな点は

  • 人手の問題がクリアできているか
  • 施設に対して子どもの人数はどうか?
  • 離職率などで職員の質はどうか?

区の直営って言っても非常勤職員が多いから、裏を返せば「長く勤めてるベテラン職員が定着しにくい」、直営なら安心というわけでもない。

子どもの施設は人がやってるから「人」に大きく依存します。

一般的に「学童や放課後子ども教室で定員なしの全数受け入れ」は役所がいくらうまく説明しても、現場の状況は職員が疲弊して子どもは芋洗い状態というところもあるので、

心配なら、見学の必要があります。

あと品川区のちょっとだけ違う点はおやつ。

学童クラブの子どものうち17:00以降にいる子におやつがでます。

アレルギー対応で献立もあるしっかりしたもののようですが、普通はおやつと言えば3時ころ。

A登録と混ざらないための措置かな?

ジャム
おやつって言ったら
3:00のイメージ?

夕方に出すクラブも
他の自治体だとたまにあるね

公設学童クラブ月額料金

  • 月3250円(おやつ代込み)

対象・定員

  • 定員なし(全数受け入れ)

保育/育成時間・延長・土曜

  • 平日・土曜日 8:15(放課後)~18:00
  • 日休み
  • 夕方19:00まで
  • (3年生まで、就労により月1000円)

おやつ

  • おやつ ◯
  • 食事 ×(弁当)

なんと、おやつが献立まであります。

民間学童クラブだとそうでもないけど、公立では珍しい感じ。

品川区学童おやつ

申し込み

  • 2月くらいに4月からの申し込み開始

選考基準

全数受け入れのためなしだが、書類の不備は受理されず

品川区公立の学童クラブ一覧(委託含む)

品川区すまいるスクール

品川城南第二台場
城南浅間台鮫浜
立会第一日野第三日野
第四日野京陽小山
後地小山台三木
御殿山日野学園芳水
宮前豊葉の杜学園戸越
浜川鈴ヶ森大井第一
山中伊藤学園伊藤
八潮学園第二延山旗台
清水台延山源氏前
荏原平塚
学園
大原上神明
紹介ページへのPDFリンク(区のページより転載)

区のホームページ

学童サーチ

3.品川区の公設民営学童クラブ/働きたい方へ求人仕事・運営元の情報

すまいるスクールは民営化が進んでいて、「すまいるスクール 求人 品川」とかで検索すると求人も出てますよ。

主な指定管理者や業務委託での運営主体

学童クラブや児童館で働きたい!場合は運営をしている各法人に問い合わせてみましょう!

人材募集広告はお金がかかるから、出していない法人も多いんです。

施設前の張り紙だけで募集してる学童クラブなど、情報紙などに出ない募集もけっこうありますよ。

学童クラブ職員は残念ながら慢性的に欠員が出ている施設が多いから、やる気があれば直接問い合わせるのが◯。

ジャム
尻込みせずに行動してみよう

経営的に余裕のある、優良な学童クラブを捜しているなら転職エージェント利用もあり。

経験20年以上の目で、実際に登録して確かめた結果をこちらで書いてます👆

地域・自治体別の学童クラブ

4.品川区の私立学童クラブ、民間学童クラブ

こちらは完全に自前の施設で、塾や習い事の延長で子ども預かりの「民間学童クラブ」。

独自のプログラムやサービスを行っているところで料金も高めですが、放課後の選択肢に入るのでいくつか紹介しておきますね。

4-1.Lickids(リックキッズ)

日常は公立学童クラブと似たような過ごし方をしています。

理科教室や英語教室や、プログラミング、を外部企業と連携してやったり、おでかけなどイベントが多い感じみたい。

他区にも展開している民間学童クラブですね。

場所五反田、平塚
清澄白河、亀戸
時間最大22:00まで
土曜営業
費用週5 45000円程度
入会金、年会費
各15000円程度
その他
サービス
送迎あり(無料)
食事○(オプション)
おやつ○(別料金)

リックキッズホームページ

リックキッズロゴ

4-2.しんがーずクラブ(伸芽`sクラブ)

教科学習中心に勉強を売りにした民間学童クラブ

ホームページで紹介されている一日の流れを見てみると、ほぼすべての時間が学習や何かを学ぶ時間にあてられています。

男の子
勉強したい!

基礎から一学年上の内容を教えるなどの学力をつける方向の指導や、受験にも対応しています。

場所大崎
時間時間 最大21:00まで
土日祝日営業
費用週5 60000円程度~
週3 35000円程度
施設維持費
10000円/月
対象1~3年生
入会審査あり
送迎あり
食事○、おやつ○
絵画造形、ピアノなど
追加料金であり

しんがーずクラブホームページ

チェック

4-3.キッズベースキャンプ

いろいろな日常的なプログラムを狙いをもって行っており、マナー指導や必要なことを積極的に教えていく姿勢。

キッズコーチ検定という指導員側の能力検定を独自に開発し、安全管理や心理など一定の知識や技術など、学童保育の専門性をノウハウ化してるのは独自の取り組み。

子どもを伸ばすのにはコーチングの手法をとっています。

ジャム
理論がちゃんとあるのは
いいですね。

学童保育についての資格が整備されていない頃から、運営や育成ノウハウを、外部にすら広めることに力を入れています。

場所五反田、大井町
時間最大21:00まで
費用週5 43000円程度~
週1 13000円程度
施設維持費
4500円~1
500円(週5~週1)
入会金30000円
入会セット6000円
送迎別料金
週5で6000円程度
食事○(1食600円)
おやつ○

キッズベースキャンプ ホームページ

4-4.Hiraku kids

ヒューマンアカデミーが開いている習い事プログラム付きの放課後預かりサービス

  • 英語
  • ロボット
  • プログラミング
  • サイエンス

などがプログラムとしてあります。

場所大井
時間8:30~20:00
8:00~
~21:00は延長扱い
平日のみ
対象4年生まで
費用・週2日利用 35,000円
・週3日利用 45,000円
・週4日利用 58,000円
・週5日利用 70,000円
入会金30000円
習い事プログラム
(一科目7000円~)
※基本料金のみで一部受講可
送迎あり

ひらくキッズ

スライム

4-5.ファミくる

必要なときに必要なだけ使える居場所確保事業です。

チケット購入で時間分の利用を買う形で、最近この形態での運営が全国的にもちらほら出はじめてきてますね。

単に居場所だけか?って訳でもなくて、カリキュラムで美術や英語・体験活動なども行ってくれるみたいです。

場所五反田駅近く
時間9:30~20:00
費用月額3000円 固定費
(二時間チケット)
使わない月も発生
追加500円/一時間
入会金20000円
おやつ300円
夕食別料金
送迎あり
曜日ごとにカリキュラムあり

ふぁみクル

アート

4-6.宇賢教育学院

「習い事付きの民間学童クラブ」という触れ込みの、塾的な子どもの居場所。

校内の様子をリアルタイム配信しているサービスが目を引きます。

曜日ごとに習字、英語、中国語、そろばん、ピアノなどのカリキュラムが組まれていて、学校の宿題を終わらせたあとに参加可能の選択性。

遊びの要素は情報が少なくわかりませんが、適度にあるような印象です。(ホームページに休憩時間に遊んでいる様子の写真があります。)

場所南品川
時間〜18:30
費用学童保育料
➔週5で15000円
 利用日により変動

習い事コース
40000円程度
入会金10000円
維持費年間12000円
教材費20000円程度
その他送迎あり
土曜休み
宇賢教育学院ホームページより

宇賢教育学院ホームページへ

4-7.キッズオンエア

英語中心としたアフタースクールで、全てのプログラムが英語で進められるそうです。

キャンプやアクティビティも多く、子ども時代に大切な様々な体験をできます。

場所五反田
時間14:00〜19:00
延長〜20:00
土曜9:00〜16: 00
対象〜4年生
費用??

※参考幼児クラス
入会金50000円
年会費30000円
週5 67000円
参考サイト
食事あり
ルート送迎あり
入退室管理
振替あり

利用案内のPDFへのリンク

ホームページへリンク

4-8.Kids-Up

放課後留学をコンセプトにした、英語型の民間学童クラブ。

全て英語を使いながらのスポーツ、アート、理科実験、ダンスなどの活動を行っているようです。

無料体験もあるので気になれば参加したら様子が分かると思います。

場所北品川、東大井
戸越銀座
時間11:00〜19:30
費用週5 70000円程度〜
週2 37000円程度

おやつ代別
1000円〜3000円
教材費〜5000円
その他送迎あり
入退室管理
幼児コースあり

kidsupホームページへ

キッズアップの詳細ブログを発見したのでこちら

子どもたち

5.すまいるスクールA登録

放課後子ども教室に相当するのが「すまいるスクールA登録」、学童クラブのB登録・C登録と一体的に運営されています。

校内で放課後に、遊んだりして過ごせる感じ。

A登録は「その学校に通っている、または学区に住んでる私立校に通う子」意外の条件もなく、学校から家に帰る前に遊びに来る感覚です。

学童クラブとの比較は2章へ

内容は体育館や校庭・決まった教室を使って遊んだり勉強できます。

入退室がICT化されてて、保護者のメールに情報が飛んでくるサービスあり。

らくだ
おやつはでないよ

名前(放課後子ども教室)

  • すまいるスクール(A登録)

実施状況

  • 全ての小学校で実施

場所

  • 各小学校内

利用時間

  • 平日 放課後~17:00
  • 土曜日も同じ

対象・定員

  • 地域の小学生
  • 定員なし

費用

  • 月250円

申し込み

各すまいるスクールはへ

職員は?

直営や民間委託で運営されてるから、運営者次第。

ボランティアしたい

各すまいるスクールへ問い合わせてみましょう

聞く

6.児童センター(品川区の児童館)

品川区では25箇所の児童センターがあります。

すまいるスクールは完全に学校内で、悪く言うと同じ学校だけ、しかも小学生だけに限定されてますが、一方で児童館は地域に開かれていて、

  • 様々な交流ができたり、
  • 学校内だと制限がつくような活動もできたり

18:00まで利用でき、子どもの居場所の選択肢ですね。

児童センターは、児童の健全育成を目的にした施設で、どなたでも自由に利用できます。

区内には25の児童センターがあり、地域のこどもたちにあそびの楽しさを伝えるよう、さまざまな事業を実施しています。

また、中高生対応児童センターとして「ティーンズプラザ」事業を実施しています。詳しくは、「しながわパパママ応援サイト キッズルームインしながわ」ホームページの 「TEEN’S PLAZA」をご覧ください。(別ウィンドウ表示)

児童センター

時間は9:00~18:00です。

品川区児童センター
区のページより

区のホームページ

7.品川区の学童クラブ、すまいるスクールのまとめ

いかがでしょうか。

品川区では学童クラブと放課後子ども教室が一体的に「すまいるスクール」として運営されています。

定員はないので待機児童になることもなく、預ける保護者としてはメリットだと思います。

一方で全数受け入れ方式は「子どもが多すぎになりがち」デメリットもあります。

民営化も進められているので各施設により状況は変わると思うので、心配なら見学などが必要です。

また品川区には児童館センターが沢山あったり、民間学童クラブも多い方なので選べるメリットが大きい地区だと思います。

ジャム
見ていただき
ありがとうございました

コメントいただけると
嬉しいです

目次へ

待遇が悪いから離職率が高くて、
慢性的な人手不足な学童クラブ業界について、
色んな記事で余すところなく書いてきました。

【学童の指導員はひどい?】不満は対応や職員の質か。環境や待遇か? 

学童業界は子どものために働きたい志の高い人が多いのですが、休みもろくに取れず、スキルもないのに子どもを「指導しているつもり支援員」ばかりのブラック施設も・・

子どものために働きたい!」、しっかりした動機を持って入ってきても、ひとたびブラック施設に間違えて入ってしまうと、

下らない職員間の人間関係に傷ついて、時には精神を病んでやめていくことも。。

私も危なかったけれど運が良かっただけ、実際にリタイアしていった人をたくさん知ってます。

そんな危険を回避したいなら【就職・転職にはプロの目を入れること。

今回紹介する学童専門の求人サイト、サクシードの運営している【はじめての学童指導員】は、

残業を減らす」「休みを増やす」「有給休暇を取りやすい環境にする

労働環境の改善に、積極的に取り組んでいる企業の求人だけを紹介することにこだわっているサービス。

こういったサイトに職員募集の登録をかけてる施設は、

●費用を払ってでも求人したいという意欲があり

●運営基盤のしっかりした施設

ばかりなので、ブラック施設は飛躍的に減少します。

実際に20年のキャリアを持つ私ジャムが登録してみると、とても誠実で丁寧な対応をしていただきました。

自信を持って紹介できるサービスです。

シャムが登録してみた感想など↓

はじめての学童指導員

学童クラブで働きたい、または転職したいという方は無料で利用できるので、いかがですか?

※正規が希望だと、保育士か放課後児童支援員などの資格要件があります。

はじめての学童指導員

ーーーーーー

クローバー

【学童保育はいつまで?4年生~高学年は必要ない?】子どもの自立/留守番/鍵っ子へ

【子どものケンカ】への対応は?我が子が関係、親としてはどうしたら・・

【学童クラブの利用の仕方】全部の疑問に答えます

【学童クラブと保育園の違い】一番の違いとは

【学童クラブの食べ物事情】おやつはスナック菓子ばかり?

他にも記事がたくさんありますよ(^-^)

「学童クラブと現状」カテゴリへ

クローバーとてんとう虫

学童クラブ支援員や保育士など、保育者の方向けプレゼント配布中↓

プレゼント
姉妹サイトへ飛びます

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️


見やすい記事一覧です


👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事