1.学童クラブ、放課後子ども教室とは

 学童クラブ事業とは、児童福祉法第6条の3第2項の規定に基づき、保護者が労働等により昼間家庭にいない都内小学校に就学している児童に対し、授業の終了後等に児童館等を利用して適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図る事業です。

東京都保健福祉局

厚生労働省が関わっている公立学童クラブ(上の引用通りの、国の児童健全育成事業の学童クラブ)

助成なしの独自で行われている民間学童クラブ(広く、子どもの預かりサービス)

では大きく違う。その分かりやすい一番の違いは費用かな~。

まあ公立に行きながら習い事に行く、みたいな場合は料金的には変わらないんだけどね。

詳しくは学童クラブは公設か民間-費用は違っても実は同じ!?の記事

ちなみに東京23区って、公立学童クラブの利用料は"超安い"部類に入りますね。

具体的には東京23区だと、公立学童クラブ利用料は平均5000円入会金なし。

一方で例えば横浜市とか15000円+入会金+管理費+おやつ代みたい感じよ。

びっくりね。

手洗い

放課後子ども教室も、放課後の子どもの居場所って点は同じです。こちらは、主に学校内に設けられています。

まあ最近整備され始めた、って割には10年くらいたってるんだけど全然ダメの途上感。

学校のない日はなかったり、みてくれる大人はボランティア程度、地域差が大きい事業です。

ちゃんと放課後子ども教室が整備されている地域なら、子どもの自立度によって居場所の選択肢の1つとなる。

学童クラブと放課後子ども教室との違いの記事

このサイト全体で、「学童クラブ」というのは、厚生労働省管轄の「放課後児童健全育成事業」にあたるもののうち、公的なものを指し、放課後児童クラブとも呼ばれます。

①役所が設置して運営している

②役所が設置したものを民間事業者が運営している

③民間事業者が作ったものに、役所が補助金を出して運営されている(民設民営)

※③については幅広く一概に扱えない

一方で月額5万も6万もする塾や習い事の子ども預かりで、税金が一切使われていない施設については民間学童クラブと呼ぶことにします。

(記事によっては民間学童クラブの中に民設民営学童クラブも入れたりしてます)

詳しくはこちらの記事の1章で分類を解説

2.東京都江東区の公設学童クラブ(きっずクラブ)概要~保護者向け

江東区には公立の預かり事業として、

  • 主に学校内にあるきっずクラブ(A登録、B登録)
  • 学校外にある学童クラブ(名前はきっずクラブと同じ)
  • 土曜きっずクラブ

があります。

学校内きっずクラブは、在籍している公立小学校の子どもが申し込みができる。違う公立学校の子は申し込めません。

学校外きっずクラブは、子どもが放課後に通えるんならその縛りはない。

えっ、我が子は私立なんだけど・・
ジャム
私立の子は
どの学童クラブにも
申しこめますね~

きっずクラブA登録放課後子ども教室事業に当たり、きっずクラブB登録学校内学童クラブ事業に当たる。

土曜きっずクラブはAB共通だけど、施設が限られてる感じ。(Bの待機になったA登録の子なので、自由利用はなし)

江東区の学童クラブ待機児童は、ここ数年0みたいですよ!安心ですね

いただきます

公立学童クラブ(きっずクラブB登録)月額

  • 月5000円(18:00まで)
  • 月6000円(19:00まで)
  • おやつ代1500円
  • 保険料500円(年)
  • 遠足などの実費

対象・定員

  • 小学1年生~3年生
  • (障害児など一部~6年生)
  • 定員は各施設ごと

保育/育成時間・延長・土曜

  • 8:00(放課後)~19:00 (5施設のみ18:00)
  • 日祝休み
  • 土曜日は土曜きっずクラブで実施
  • (利用料に含まれる)

おやつ

  • おやつ ◯
  • 食事 ×(弁当)

申し込み

  • 一次募集は12月半ば辺り
  • 二次募集は空きがあれば
  • 保護者就労時間が週3以上

選考基準

選考基準も公開されています

江東区公設の学童クラブ選考基準

江東区公立の学童クラブ一覧(委託含む)

学校内40箇所くらい

学校外20箇所くらい

土曜江東きっずクラブ14箇所

江東区きっずクラブ
江東区きっずクラブ
土曜きっずクラブ
土曜きっずクラブ

江東きっずクラブ施設一覧

江東区ホームページ

学童サーチ

3.江東区の公設民営学童クラブ/働きたい方へ求人仕事・運営元の情報

建物は役所が作って、運営を民間法人が行っているところが公設民営と呼ばれる施設。

運営は期間限定で(5年程度で実績により更新あり)指定管理者といわれます。また委託運営など運営形態はいくつかあり。

まあ利用する保護者は、気にすることもないですよ。

現在では学童クラブの職員まで全て公務員という直営施設はかなり少ない。

(直営だからっていい施設か?は別問題、地域差が大きいとだけ(^-^;)

学童クラブや児童館で働きたい!場合は運営をしている各法人に問い合わせてみよう。

人材募集広告はお金がかかるから、出していない法人も多いんです。

施設前の張り紙だけで募集してる学童クラブなど、情報紙などに出ない募集もけっこうあるからね。

学童クラブ職員は残念ながら慢性的に欠員が出ている施設が多いから、やる気があれば直接問い合わせるのが◯よ。

ジャム
尻込みせずに行動ね~

主な指定管理者や業務委託での運営主体

学童保育への転職・就職なら
【はじめての学童指導員】

地域・自治体別の学童クラブ

学童クラブ指導員と保護者の部屋のロゴ
学童クラブ指導員と保護者の部屋のロゴ

4.江東区の私立学童クラブ、民間学童クラブ

こちらは完全に自前の施設で独自のプログラムやサービスを行っているところです。いくつか紹介しておきますね~

私立の学童クラブとして江東区のホームページに紹介されてるのは、4-1.ライト学童クラブ4-2.大島六丁目学童クラブ4-3.風の子クラブ

利用料から考えて、区役所から助成金をもらって運営してる、公立に準じた学童クラブだと思います。

保護者
利用料高い!
ジャム
実は東京の公立学童が
安すぎる感じで、

他の自治体ではこれくらいが
一般的よ

例えば横浜市とか👇️

違いはなに?放課後児童クラブとキッズクラブ【横浜市の学童事情】

最近は勉強とか習い事オンリーじゃなく、居場所的な従来の学童クラブ機能も備えた民間学童が増えてます。

保護者もそれを望んでるから、ニーズに対応した感じよね、さすが民間!

一方で単に長く預かってくれる塾やスポーツクラブ、子ども同士の遊びや人間関係は見ないといった施設もある。

利用する前に、見学や口コミとかを調べるのが通例ね。

ほとんどの施設で基本的に1~6年生対応。また料金は週5~週1やスポット利用、オプションなどで細分化。

区から助成を受けながら、主に父母会などが独自に公設程度の利用料で運営しているところは、

👆️厚生労働省管轄だけど「公立じゃない」ってところで、民間学童の分類。

私は「税金が使われてる」って意味で"公的な学童クラブ"と呼んでます。(民設民営学童クラブ)

ピアノ

4-1.ライト学童クラブ

父母会運営の私立学童クラブで、区からの助成も受けています。

公設と民間の中間のような、利用者目線でのサービスと利用料が特徴。

一年生は例年35名くらい募集し、定員は120名程度。上の学年はは空き次第とのこと。

定員が多目なのと、高学年も在籍可能、いくつかの近隣小学校から通ってくるから、その年度により状況が大きく変わることが予想

実際の見学や説明会(6月頃あるとのこと)への参加が必要だと思いますね、学童プロとして個人的に。

父母会運営って所で、保護者の役割なんかもあるかもしれないから、ちゃんと確認を。

ホームページがきれいなのはgoodね!

場所冬木
時間8:00~最大21:30まで
土曜営業
対象六年生まで
費用月額
おやつ代込み
17:30までで13000円
20:30までは21000円
延長20:30-21:30は
1000円/30分
他年会費
学校休業日などの費用として
年間20000円程度

ライト学童クラブホームページ

ライト学童クラブ

4-2.大島6丁目共同学童クラブ

父母会運営で区の助成も受けてるから、利用料は公設と民間の中間あたり。

六年生まで在籍できて、低学年から一度入会すれば退会までは自動更新となるのはけっこう安心できるポイント。

(ほとんどの公立学童クラブ毎年の仕切り直し、学年が上がると待機に回る可能性が上がるから、それと比べたらの話ね)

指ネコ
まあ途中で
必要なくなるだろうにゃ

ブログや保護者の声とかホームページ上の情報として公開されてて、様子は分かりやすいですね~。

場所大島6丁目
時間通常8:00-18:30
延長19:30
土曜営業(18:00まで)
対象六年生まで
費用
おやつ代込み
通常月額15000円
延長や土曜は別料金
500円~1000円程度
入会金 10000円程度
学校休業日利用料
年間10000円程度
申し込み九月くらいに次年度説明会
一次申し込みは12月下旬まで

大島6丁目共同学童クラブホームページ

らくだ
説明会は行くべきよ

4-3.風の子クラブ

こちらも父母会運営私立学童クラブで、区の助成も受けています。

定員は40名ほどの適正規模だから、安定した運営が期待できますね。

設立から20年ってことで、単純な長さも安定感が期待できるポイント。

ジャム
芋掘りやお別れ会とか、
イベントも
アットホームな感じかな~
場所南砂
時間通常8:00-18:00
延長20:30
土曜営業(17:00まで)
対象六年生まで
費用通常月額14000円
延長は別料金3000円程度/月
土曜日は無料
入会金 5000円程度
年会費15000円程度
食事×、おやつ○(利用料込み)
次年度の一年生申し込み
2月下旬まで

風の子クラブホームページ

風の子クラブ

4-4.Lickids(リックキッズ)

日常は公立学童クラブと似たような過ごし方をしてますね。

でもそこは民間学童クラブ、理科教室や英語教室や、プログラミング、を外部企業と連携して行ったり、おでかけなどイベントが多い感じです。

他区にも展開している民間学童クラブです。

場所北砂、東陽
清澄白河、亀戸
時間最大22:00まで
土曜営業
費用週5で普通の月は45000円程度
入会金、年会費 15000円程度
その他サービス送迎あり(無料)
食事○(オプション)
おやつ○(別料金)

リックキッズホームページ

リックキッズロゴ

4-5.キンダリーインターナショナル

英語中心民間学童クラブですね。

他にもいろいろな日常活動や教育プログラム、プログラミング、ロボット教室などで個々の才能や人格を伸ばしていこうというコンセプトがあるようです。

場所豊洲
時間最大22:00まで
土曜営業
費用月額週5で普通の月は67000円程度~
週3 47000円
(おやつ込み)
入会金 30000円程度
入会セット6000円
その他サービス送迎一部あり
食事○(オプション)
おやつ○(別料金)

キンダリーインターナショナル ホームページ

バス送迎

5.きっずクラブA登録(放課後子ども教室)

きっずクラブA登録ってのは、放課後子ども教室に相当する事業。

つまりは基本条件なし(在校生とかあるけど)の登録だけしとく自由来館。

気が向いたら来ていい施設。

ジャム
まあ施設って言っても
学校内か
学校の隣にある場所ね

利用についての縛りは、1日1利用ルール

ジャム
気を付けるのは、

学校が終わったら、

①帰宅しないで直接来ないとダメなこと
②一旦きっずクラブを出たらその日は利用できない

夏休みとか学校のない日も同じみたいです。

子ども
朝から来てるから、

お昼ご飯おうちで
食べたらまた来るね~
職員
ごめんね、
それダメなの。

時間は17:00までだけど、スポット利用の申請すると19:00までの延長利用もできちゃう。

内容は体育館や校庭・決まった教室を使って遊んだり勉強したり。

江東区では運営事業者を公募で選定しますので、見守りに一定のレベルと、プログラムや遊びとか、ある程度は充実したものが期待できちゃいます。

おやつは出ないから持ち込み。

施設によるけど、一体型(学童クラブ対応のB登録も一緒)の施設ばかりなので、基本的な遊びは区別されないところが多いでしょう。

普通は学童クラブに行ってる子は、学童クラブの子としか遊べないので、子どもにとっては大きなメリットです。

子ども
学童の◯◯ちゃんと、
一緒に遊べる!

区別があるとすれば、B登録はおやつが出るので、そこだけ別の部屋が用意されているくらい。

A登録のみの施設もあるから、様子は様々でしょう。

料理

名前(放課後子ども教室)

  • 江東きっずクラブ

実施状況

場所

  • 各小学校内およぴ、学校外

利用時間

  • 平日 9:00(放課後)~17:00

対象・定員

  • 地域の小学生(特支でない公立の子は行ってる学校のみ)
  • 定員なし

費用

  • 利用料500円
  • 保険料年間500円

スポット利用

就労などの要件なしに、B登録と同じような形態で預かってもらうものです。

申し込みが別途必要だけど、朝の8:00~9:00および、17:00~19:00まで利用できます(18:00以降はお迎え必須)

2020年度から取り入れられた事業ですね~

  • 利用料日額500円(月最大6000円)
  • おやつはでない

申し込み

  • 各きっずクラブ

職員は?

指定管理などで民間委託されてて、その運営団体によります。

基本的に一体型の所では職員もA登録とB登録で流動的です。(時間単位のローテーションで配置場所を変える~同じ事業者が担っているところが多いから)

Aだから適当とかBだから手厚いなどの対応が大きく変わるというのはあまり考えられません。

ジャム
まあそこも事業者によるけどね

ボランティアしたい

各きっずクラブへ問い合わせてみましょう!

お片付け

6.江東区の児童館

江東区ではランドセル預かりのような事業は、学童クラブ待機児童が0のため実施がないようです。

江東きっずクラブA登録でもスポット利用ができるようになったから、今後も待機児童は出ないと予想。

そんな中で児童館(区内の18施設)も子どもが放課後に過ごせる場所の1つとして選択肢

こっちはA登録とは違って一度帰宅してからの利用

だから1日1利用縛りがある、きっずクラブA登録や、中抜け禁止のB登録から帰った後に児童館に来るのは全然あり。

学校内だけで完結してしまうきっずクラブだけでは出会えない友達に出会えたり、人との関わりが期待できますね。

江東区の児童館(江東区ホームページ内)

目次へ

待遇が悪いから離職率が高くて、
慢性的な人手不足な学童クラブ業界について、
色んな記事で余すところなく書いてきました。

【学童の指導員はひどい?】不満は対応や職員の質か。環境や待遇か? 

学童業界は子どものために働きたい志の高い人が多いのですが、同じように休みもろくに取れない、スキルもないのに子どもを指導しているつもりの支援員ばかりのブラック施設も。

子どものために働きたい!」ってしっかりした動機を持って入ってきても、ひとたびブラック施設に間違えて入ってしまうと、

下らない職員間の人間関係に傷ついて、時には精神を病んでやめていくことも。。

私も危なかったけど、運が良かっただけ。実際にリタイアしていった人をたくさん知ってます。

そんな危険を回避したいなら【就職・転職にはプロの目を入れること。

今回紹介する学童専門の求人サイト、サクシードの運営している【はじめての学童指導員】は、

残業を減らす」「休みを増やす」「有給休暇を取りやすい環境にする

など労働環境の改善に積極的に取り組んでいる企業の求人だけを紹介することにこだわっているサービス。

こういったサイトに職員募集の登録をかけてる施設は、

●費用を払ってでも求人したいという意欲があり

●運営基盤のしっかりした施設

ばかりなので、ブラック施設は飛躍的に減少します。

実際に20年のキャリアを持つ私ジャムが登録してみると、とても誠実で丁寧な対応をしていただきました。

自信を持って紹介できるサービスです。

学童クラブで働きたい、または転職したいという方は無料で利用できるので、いかがですか?

※正規が希望だと、保育士か放課後児童支援員などの資格要件があります。

はじめての学童指導員

ーーーーーー

クローバー

【学童保育はいつまで?4年生~高学年は必要ない?】子どもの自立/留守番/鍵っ子へ

【子どものケンカ】への対応は?我が子が関係、親としてはどうしたら・・

【学童クラブの利用の仕方】全部の疑問に答えます

【学童クラブと保育園の違い】一番の違いとは

【学童クラブの食べ物事情】おやつはスナック菓子ばかり?

他にも記事がたくさんありますよ(^-^)

「学童クラブと現状」カテゴリへ

クローバーとてんとう虫

学童クラブ支援員や保育士など、保育者の方向けプレゼント配布中↓

プレゼント

このサイトでは子育て情報や子ども心理などのほか、学童クラブ~保育園や小学校の子ども向けのおすすめの遊び/オススメ本をそれぞれ100以上紹介しています



👉️幼児~小学生にオススメ【おもちゃ】👈️


👉️幼児~小学生へオススメ【本】👈️


見やすい記事一覧です


👉️地域・自治体別の学童クラブなど👈️

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事